このサイトでは、私が実際に試打してみて良かったゴルフクラブをランキングにしてご紹介してます

ウェッジ

スピン性能が高いおすすめのウェッジ!2019年

投稿日:2020年3月17日 更新日:

スピン性能が高いおすすめのウェッジ2019年
ウェッジは、フェアウェイやラフ、バンカー、ベアグランドなどさまざまなライからボールを打ってカップに寄せていくので、クラブの持つ機能性がとても重要になります。

ネック形状の違いによるボールのつかまり、ソール形状の違いによるヘッドの抜けやバウンスの効き具合。そしてフェース面の溝の掘り方や加工の違いによって変わるスピン性能。

打ち方や芝の種類によってウェッジに求める機能性は変わりますが、共通して高い機能性を求めたいのがスピン性能です。

そこでこのページでは、2019年に発売されたウェッジの中でもスピン性能が高いおすすめのウェッジをご紹介したいと思います。

ボールが『キュキュッ』と止まるようなスピン性能が高いウェッジを使えば、ゴルフがより一層楽しくなること間違いなしですよ♪

*このページでおすすめしてるウェッジは、実際に自分で試打してみた感想を元に、ゴルフ雑誌、インプレッション動画等を参考にして選んでいます。

テーラーメイド ミルドグラインド2ウェッジ

テーラーメイド ミルドグラインド2ウェッジ

おすすめのタイプ:
ノーメッキのウェッジが欲しかったゴルファー
発売年:2019年9月
スピン性能
★★★★★
操作性
★★★★★

【ラインナップ】

ロフト角 48 50 52 54 56 56LB 58 58LB 60
バウンス角 9 9 9 11 12 8 11 8 10
ライ角 64
ヘッド・フェース素材(製法) 軟鉄8620(鋳造)
ロフト角58度のクラブ重量 バランス
Dynamic Gold S200 479g D5
N.S.PRO 950GH(S) 457g D4

ミルドグラインド2ウェッジは、フェース面だけノンメッキ仕様の激スピンウェッジ!

ミルドグラインド2ウェッジは、世界のトッププロの意見を多く取り入れたウェッジで特徴的なのは『ノンメッキ仕様のフェース』と『個体差がほとんど無いソール形状』です。
ノンメッキ仕様のウェッジはスピン性能が高い反面、使ってると自然と錆が出てくるのでメンテナンスが大変ですが、ミルドグラインド2ウェッジはフェース面だけノンメッキ仕様
高いスピン性能を誇りながらメンテナンスもしやすくなっています。
また、今までのウェッジは人の手でソールを削りだしていたため少なからず個体差がありましたが、ミルドグラインド2ウェッジは『独自のソール加工マシーンを使用』する事によりソール形状の個体差がほとんど無くなりました。
そのおかげでソール形状のちょっとした違いに敏感なプロでも、数試合ごとにウェッジを交換できるようになったぐらい、ソール加工の精度が高いウェッジです。

試打した感想

試打したのは、ロフト角58度でバウンス角11度のDynamic GoldのS200。
総重量479グラムでバランスはD5。
構えた感じは、ヘッドの座りが良くてスクエアに構えやすいです。
バウンス角が11度の割には、フェースを開いて構えてもリーディングエッジの浮きが少なめ。
実際にフルショットしてみると、フェースにボールが乗りやすい為か打ち出し角がやや低めで飛んでいきます。
20ヤードぐらいのアプローチショットでも、打ち出しが低くていかにもスピン効いてますってボールが打ちやすいです。
ノンメッキ仕様のウェッジはメンテナンスが大変そうだから敬遠してたと言う方、おすすめです!

テーラーメイド ミルドグラインド2ウェッジ
【テーラーメイド】ミルドグラインド2ウェッジ
¥22,000(税抜)2019年9月発売

 

キャロウェイ JAWS ウェッジ MD5

キャロウェイ ジョーズウェッジMD5

おすすめのタイプ:
スピン性能が高くてソール形状が選べるウェッジが欲しいゴルファー
発売年:2019年
スピン性能
★★★★★
操作性
★★★★★

【ラインナップ】

ロフト角 48 50 52 54 56 58 58 60 64
バウンス角 10
ライ角 64
ヘッド素材 軟鉄鋳造

*スペックはSグラインドです

ロフト角58度のクラブ重量 バランス
Dynamic Gold S200 481g D4
N.S.PRO MODUS3 105(S) 459g D3
N.S.PRO 950GH neo(S) 456g D2

MD5ウェッジはガブリと芝に食らいつくほどのスピン性能!

キャロウェイのジョーズMD5ウェッジは、MD4(マックダディー4)ウェッジの後継モデルで、前作同様フェース面の溝と溝の間にある摩擦係数を向上させる突起物『マイクロフィーチャ―』と、フェースの溝の彫り方を新しくしたことによりスピン量が10%UP(キャロウェイ調べ)しました。
ソール形状は4種類で、オーソドックスなソール形状のSグラインド、ヒールとトゥ側が削ってあるソール形状のCグラインド。
ジョーズMD5ウェッジのソール形状
ミスに強いワイドソール形状のWグラインド、ワイドソールのヒールとトゥ側を削ったソール形状のXグラインドが発売されてます。
ジョーズMD5ウェッジのソール形状

試打した感想

試打したのは、ロフト角58度でバウンス角10度のSグラインド。
シャフトはDynamic Gold S200で総重量は481g。
構えてみるとSグラインドはオーソドックスなソール形状で、ネックもリーディングエッジもほぼストレートで構えやすいです。
芝の上から実際に打ってみると、バウンスが適度に効いててヘッドが刺さりづらく抜けが良いです!
50ヤードぐらいの距離でふわっとしたボールを打って見ると、少し低い打ち出し角で飛び出し3バウンド目で止まってくれる高いスピン性能を発揮!
中途半端な距離のアプローチでも、フェースを少し開いて緩むことなく打てれば、期待以上のスピン性能でボールが止まってくれます。
個人的なおすすめのソール形状は、Sグラインドですが、「アプローチでザックリが多い」方や「バンカーが苦手」と言う方は、オートマチックに打ちやすいWグラインドのバンス角12度がおすすめです。

キャロウェイ ジョーズウェッジMD5
【キャロウェイ】JAWS MD5 ウェッジ
¥23,000~(税抜)2019年9月発売

 

ピン GLIDE(グライド)3.0ウェッジ

ピン  グライド3.0ウェッジ

おすすめのタイプ:
スピン性能と操作性が高いウェッジが欲しいゴルファー
発売年:2019年
スピン性能
★★★★
操作性
★★★★★

【ラインナップ】

ロフト角 46 50 52 54 56 58 60
バウンス角 12 12 12 12 12 10 10
ライ角 64.1 64.1 64.1 64.4 64.4 64.6 64.6
ヘッド素材 431ステンレススチール

*スペックはスタンダードソールです

ロフト角56度のクラブ重量 バランス
Z-Z115(ウェッジ専用シャフト) 451g D2
N.S.PRO MODUS3 105(S) 440g D2

*この他の装着シャフト
N.S.PRO 950GH neo
DG EX TOUR ISSUE
その他多数

GLIDE3.0ウェッジはスピン性能が高く操作性も良いウェッジ!

ピンのグライド3.0ウェッジは、番手別に設計されたヘッドに削り出しの溝と疎水性の高いハイドロパールクローム仕上げを採用してスピン性能が高くなっています。
ソール形状は、さまざまなライに対応可能なSS(スタンダードソール)、バンカーから簡単に脱出できるEYE2(アイ2ソール)。
グライド3.0ウェッジのソール形状
寛容性に優れたWS(ワイドソール)、フェースを開いて打ちやすいTS(シンソール)の4種類が発売されてます。
グライド3.0ウェッジのソール形状
その中でもおすすめはロフトバリエーションが豊富で操作性が高いSS(スタンダードソール)です。

試打した感想

試打したのは、ロフト角58度のスタンダードソールでシャフトはN.S.PRO 950GH neoのS。バランスはD3で総重量約446g。
構えてみると、ややセミグースネックでちょっと出っ歯。ボールを拾いやすい見た目です。
実際に20ヤードぐらいのアプローチを打って見ると、フェースにボールが良く乗ります。
フェースを少し開いてしっかりとインパクトすると、ボールは低めに飛び出し良い感じにスピンが入ってくれます。
ソールの滑りが良いのでダフリを恐れることなくアプローチ出来ます。
個人的なおすすめはスタンダードソールですが、アプローチもバンカーもオートマチックに打ちたい人はWS(ワイドソール)、とにかくバンカーが苦手と言う人はEYE2(アイツーソール)を試してみてはいかがでしょうか!?

ピン  グライド3.0ウェッジ
【ピン】グライド3.0ウェッジ
¥22,000~(税抜)2019年9月発売

 

ウェッジのシャフトの選び方

ウェッジのシャフトは、現在使用してるアイアンのシャフトを基準に選ぶのが一般的です。

アイアンのシャフトに軽量スチールのN.S.PRO 950GHを使用していて、『ウェッジもアイアンと同じ感覚で振りたい』と言うのであればアイアンと同じN.S.PRO 950GHで良いですし、『ウェッジはアイアンよりも重くして安定感を出したい』とか『ラフや砂の抵抗に負けないようにしたい』と言うのであればN.S.PRO 950GHよりも重い『N.S.PRO MODUS3シリーズ』や『N.S.PRO MODUS3 WEDGEシリーズ』、又は『ダイナミックゴールドS200』とかでも良いと思います。

シャフトフレックスに関しては、アイアンのシャフトフレックスと同じか、アイアンよりもワンフレックス柔らかいシャフトがおすすめです。
その理由は、ウェッジはフルショットするよりもヘッドスピードを抑えたコントロールショットをする機会が多いため、アイアンよりもワンフレックス柔らかいシャフトの方がしなりを感じやすくなるからです。
世界のトッププレーヤーであるタイガーウッズも、ウェッジのシャフトはアイアンよりもワンフレックス柔らかいシャフトを使用しています。

ゴルフクラブの総重量
ゴルフクラブの総重量
ゴルフクラブの適正な重量フローってご存知ですか?

スピン性能が高いおすすめのウェッジ!2019年・まとめ

2019年に発売されたウェッジの中でも、スピンがかかりやすいモデルを集めてみました。

スピンが効くウェッジを使い始めると、アプローチが本当に面白くなってくるし、スコアも良くなります。

是非ともスピン性能が高いウェッジを手にして、『キュキュッ』と止まるアプローチを体感してみて下さい!

*ボールは必ずスピン系をお使いくださいね。

ゴルフショップのウェッジ売れ筋ランキング

ゴルフショップで売れてるウェッジの人気ランキングもご覧ください。

 

-ウェッジ

                      

関連記事

2017年におすすめの操作性の高いウェッジをご紹介します

2017年におすすめのウェッジ4選!操作性が高いモデルを集めてみました!

アプローチは、どんな打ち方であろうとピンに寄ればOKですが、出来れば場面や状況に応じて『低いボールでスピンを効かせて寄せたり!』『フェースを開いてふわっとしたボールで寄せたり!』したいですよね~! 色 …

バンカーから1発脱出できる簡単なウェッジをご紹介します

バンカーショットが簡単すぎる!おすすめのやさしいウェッジ4選!

ゴルフ初心者の方はもちろん、中級者の方でも「バンカーから1発で出せない!バンカーショットがどうしても苦手だ!」と言う方は意外と多いです。 バンカーショットが苦手な方たちに共通する悩みは

アプローチが苦手なゴルファーにおすすめのやさしいウェッジを3モデルご紹介します

やさしいウェッジ3選!アプローチが苦手なゴルファーにおすすめ!

ゴルフでスコアを作るためにはアプローチとパットが重要ですが、ウェッジが苦手な方はグリーン周りでダフッたりトップしたりとスコアが作れずに苦戦していると思います。 特にサンドウェッジはさまざまな状況から打 …

サイト運営者情報

サイト運営者 プロフィール画像

初めまして、ゴルフが大好きなサイト運営者のごる丸です。
このサイトをご覧くださるゴルファーの皆様に、少しでも役立つゴルフクラブの情報をお届けしたいと思ってます。

ゴルフ歴14年でベストスコアは72の40代です。好きなクラブはフェアウェイウッドです。

ゴルフクラブが高く売れる!

新しいゴルフクラブはもちろん、古いゴルフクラブの買取価格が高い!おすすめの買取ショップ!

ゴルフクラブ・用品激安情報

人気のゴルフクラブやゴルフフェア、ゴルフシューズ、ボールが50%OFF!!

テーラーメイドが安く買える!

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ

テーラーメイドのゴルフクラブがアウトレット価格で買える!テーラーメイド直営オンラインショップ!