ゴルフ用語集

ドライバーの飛距離を決めるボール初速とは?

投稿日:2017年5月6日 更新日:

ドライバーで飛距離を出すためには、ヘッドスピードを早くする事が重要ですが、実はヘッドスピードよりもボール初速を気にする事の方が大切です。

ボール初速とは?

ボール初速とはインパクトした後のボールが飛び出すスピードの事で、PGAツアーのトップ選手たちはほとんどが75m/s以上で、飛ばす選手にもなると80m/s以上にもなります。

飛距離に換算すると

ボール初速×4倍

なので初速が80m/sの選手でおよそ320ヤードになります。

ボール初速を決める要因

ボール初速は

ヘッドスピード×ミート率

で求める事が出来ます。

例えばヘッドスピードが40m/sの方が、ミート率1,5でインパクト出来た場合、40m/s×1,5でボール初速は60m/s。
その時の飛距離は60m/s×4なので約240ヤードになる訳です。

初速に大きく影響を与えるミート率

ミート率とは

ボール初速÷ヘッドスピード

で求めることが出来ますが、ミート率を簡単に言うとどれだけクラブの芯に効率よく当てられたかと言う事になります。

現在のクラブ性能やボールの進化によりミート率は最大で1,6ほど出るようになっているそうですが、現実的にはプロのドライバーショットで1,5が出れば最高と言われています。

一般的なアマチュアゴルファーのミート率は1,2から1,3と言われていて、ヘッドスピードが40m/s位の女子プロは240ヤード近く飛びますが、ヘッドスピードが女子プロと変わらないはずの男性アマチュアが240ヤード飛ばないのはこのためです。

最近のクラブはボール初速を落とさない工夫がいっぱい

最近のドライバーはヘッドをたわませてで飛ばすとかありますが、それらの多くは反発係数を上げて、飛ばすと言う意味ではありません。
(反発係数はルールで決められているので)

例えばキャロウェイのカップドフォージドフェースやテーラーメイドのスピードポケットと言われる技術は、オフセンターヒットした時に発揮されるテクノロジーで、ミート率が下がるフェース面の下目や左右に当たった時でも、クラブの芯に当たった時と近いような反発力を得られると言うものです。
テーラーメイド スピードポケット テクノロジー
そのため多少ミート率が悪くても、平均飛距離が変わらないボール初速が出せると言う事です。

まとめ

飛距離を決める要素のボール初速についてご紹介しました。
その他にもスピン量とか打ち出し角とかの要素も有りますが、一生懸命クラブを振ってヘッドスピードを上げるよりも、ミート率を高めてボール初速を上げる方が効率的だと言う事がわかって頂けたと思います。

ミート率を上げるためには練習が必要ですが、先ほども説明した通りクラブの機能性によってボール初速を落とさない事も可能です。

ロースピンで飛ばすドライバーも良いですが、ボール初速にこだわったクラブにも注目してみて下さい。

平均飛距離が伸びると思いますよ。

ボール初速の関連記事

-ゴルフ用語集

                      

サイト運営者情報

サイト運営者 プロフィール画像

初めまして、ゴルフが大好きなサイト運営者のごる丸です。
このサイトをご覧くださるゴルファーの皆様に、少しでも役立つゴルフクラブの情報をお届けしたいと思ってます。

ゴルフ歴14年でベストスコアは72の40代です。好きなクラブはフェアウェイウッドです。

ゴルフクラブが高く売れる!

新しいゴルフクラブはもちろん、古いゴルフクラブの買取価格が高い!おすすめの買取ショップ!

ゴルフクラブ・用品激安情報

人気のゴルフクラブやゴルフフェア、ゴルフシューズ、ボールが50%OFF!!

テーラーメイドが安く買える!

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ

テーラーメイドのゴルフクラブがアウトレット価格で買える!テーラーメイド直営オンラインショップ!